FX初心者の必勝法

FX取引に対して『小さい金額しか稼げない』や『負けている人の方が多い』と思っている人が多いのではないでしょうか。実際『リスク回避を学べば勝率70%辺り』までは、現FXトレーダーの実践の話では可能だということです。しかし問題は、次にいくら儲かるのかですよね。確かに、流行の株式投資に比べると配当金のような大きな旨味はないですね。せいぜい、投資金が150%前後まで増えればイイ方です。ですが、現在でも多数の企業もFX取引での出資話を持ちかけています。先程の話の通り『リスク回避を学べば勝率が70%辺り』だからです。しかし、今からFX取引の勉強をするくらいなら今やっている投資の方が熟知しているので、FX取引を不要なのではと考えてしまいますよね。これも大丈夫です。FX初心者が、FX取引を始めるにあたってほとんどのFX会社は『WEBセミナー』を行ってくれているからです。しかも、無謀なFX取引の一本槍な投資でも行わない限り、大きな損金の発生は防げます。現在はFX初心者であっても、これから本当に必勝のトレーダーとしての道のりを上げたい方には、FX取引はまさに絶好の証券の一つだと言えるでしょう。どうしても、不安が拭えないと言うFX初心者は、証券会社が用意している『バーチャル取引』で仮想のお金を利用して、ある程度の勝率が出せるまで取り組んでから初めて、実際の取引を始めてみることをオススメします。これが、FX初心者の必勝法と言えるかも知れませんね。

FX取引におけるリスク その2

FXをする上でもっとも恐ろしいリスクは、インターネット回線が使えなくなることでしょうか。サーバーやインターネットサービスプロバイダのメンテナンス・トラブルなどもそうですが、自分のミスでパソコンや取引端末が使えなくなるのが一番痛いでしょうね。FX取引ができない間に為替が動いて大幅な損失がでる、少し大げさに言いましたが、オンライン取引の場合、可能性があるのは間違いありません。少なくともFX取引をしたいタイミングから遅れてしまうという可能性はあります。こればかりは、ある程度覚悟をしておくしかないでしょうか。。。また、FX取引をしている証券会社が倒産してしまうというのもリスクですね。2005年の法改正のおかげで、危ない業者はかなり一掃されましたが、それでもゼロではありません。なるべくなら安定した歴史の長い大手会社でFX取引の口座を開いておいた方が良いかもしれませんね。一部のシステムリスクはどうしようもないですが、それ以外は普段から少し注意するだけで、かなり避けられるリスクです。こういったリスクがある事をふまえた上で行動するのが理想です。日々、対策を打っておきましょう。取引通貨を選ぶこともFX会社を選ぶことも戦略の一つです、場合によってはFX取引口座を変えることなども充分に考えておきましょう。

FX取引におけるリスク

FXが投資である以上、リスクが全く無いと言うようなことはありえません。具体的にどう言ったリスクがあるのでしょうか?値段が動くからこそ、利益も出ますし損も出ます。それ自体は悪いことではありません。FXの場合に気をつけないければならないのが、「レバレッジが効いている」という点です。例えば、5万円を預けて100万円分の取引が出来るようになった場合。1ドル100円として、1万ドルを買ったとします。そうすると、ドルが110円から109円になった(1円動いた)だけで、あなたの資産は1万円減ることになるんですね。レバレッジをかける事で少ない元手で始められる反面、値動きの影響も大きくなってしまいます。株の投資では1円動いたくらいでは、利益にも損にもなりませんがFXでは1円動くと、それだけで利益も出ますし、損になることもあります。株投資の感覚とはずいぶん違ってきますので、これは「小さな値動きをちゃんと見る」という癖をつけておきたいポイントです。また、流動性リスクが少ないとはいえ、ゼロではないという認識はしておくべきです。特にこれは、マイナーな通貨で取引している場合は注意が必要です。テロや事故・事件の影響で大きく市場が変化してしまうことは、充分に考えておきましょう。

FX取引のメリット その2

FXを副業としてとらえている人には、大きなメリットになると思うのが、やはり24時間取引です。これは、会社で働きながら株投資などをした事のある方でしたら、どれほどありがたいか実感できるでしょう。もし夜のFX取引ができなければ、会社の上司に睨まれながら仕事中に為替のチェックをしてしまうことになるでしょう。FXは24時間開いていますので、例えば夜10時に帰宅したとしても、そんな遅い時間でさえ、リアルタイムに好きな時間までFX取引が可能です。また、これは少し専門的なお話になりますが例えばベンチャー企業の株の売買などですと、流通している株の量が少ないですから、少しでも悪いニュースが出ると、売りが殺到して(しかも買い手がいないため)あなたが売り注文を出しても、決済されない事があります。(流動性リスク)FXの場合は、世界中の投資家が参加者ですから、市場の規模も世界一です。どんなに状況が急に動いていようと、「注文を出しているのに通らない」という事は起こりません。安全という意味で考えると、これも大切な理由の一つですね。もちろん、これは通貨と株式の取引を比較しているので具体的な比較をしていいものではないかも知れませんが、十分にメリットとして認識していいものでしょう。

FX取引のメリット

FXをするメリットはいくつもありますが、何より小さな金額で始められることが最大のメリットでしょう。これは、預け入れたお金を「証拠金」として扱い、それを担保として、証券会社から大きな金額の取引を行う権利を得るというFXの仕組みから来るメリットです。実際のFX取引は、売買の損得のみを決済します(差金決済)から、失敗した分の損が、預け入れたお金の範囲内であれば、元手が少なくても大きな取引が出来るのです。例えば5万円を預けて、100万円の取引を行える状態になる事を、「レバレッジが20倍」と言います。要は「預けた金額の何倍まで取引可能か」という数字。これはFX会社によってまちまちですが、大体は101日あたりの値動きが2円以上もあるような日は稀です。手数料だけで損をしてしまう可能性が高いのが外貨預金です。この点で、FX取引ならば一般的には1ドルあたり5銭前後の手数料ですから、手数料で損をする可能性が低くなります。倍から30倍程度でしょう。また、手数料の安さも大きな要素と言えるでしょう。外貨預金の場合、「仲値」と言われる、その日の朝10時のレートで取引が行われます。その時、ドルを買うなら仲値にプラス1円の金額となり、ドルを売るなら、仲値からマイナス1円の金額で決済されてしまいます。往復すると2円分の手数料が取られます。特に取引が一日に何回も繰り返す場合には、この差は大きくなるでしょう。

FX取引の税金

FX取引のオイシイところに『20万円以下の差益』なら、他に所得がなければ税金の申告が不要と言う点があります。これから、今の資金を増やそうと思っていても、多額の利益が出た時に引かれる税金も当然ながら多くなっていきます。だから、FX税金をパスして少しずつ稼ぐという手段が賢いでしょうね。『そんなに、稼ぎで引かれる金額は違うのかな?』と、不思議に思う人もいると思いますが、その差は結構な額になるんです。例えば、あなたが200万以上の差益(FX取引などで、儲けから引かれる金額を差し引いてあなたの手元に残るお金を差益と言います)を出していたなら、なんと30万前後のお金を税金で持っていかれるのです!30万と言うと中小企業のサラリーマンの月給並みですので、このお金の大きさはわかっていただけると思います。なのでFXは、これからまずは試しに稼いでみるという人には、ウレシイ証券活用の一つだと思います。これと似た儲けはFX以外なら、やはり株とかのデイトレードです。といっても、FXもデイトレも結局のところは大きなお金を動かすことにはならないので、安全に稼ぎたい人か初心者の人にしか向いていないのが実情ですね。しかし、FXを続けていこうという人には『20万円以下の差益』を拾って着実に利益の幅を増やしていくのもアリかと思います。最終的には、資金の運用先の一つとして定着出来れば立派なのではないでしょうか。
タグ:FX FX取引 FX税金

FX取引の手数料

FXを始めるにあたって、新規開設口座に関しては最近の人気の後押しもあり、特に高い開設料金を徴収すると言う事はありません。ですが、FX取引にはどうしても株取引と同じように、証券取引手数料やデイトレード手数料が発生します。手数料は、FXを取扱っている企業を見て頂ければ分かるのですが、だいたい無料〜1,000円ほどです。取引手数料無料のところは、FXCMジャパンです。次に業界最安値の手数料は、三井物産フューチャーズです。どちらも、FX取扱い企業としては有名な企業で、しかも、FXCMジャパンは、企業の人気2年連続1位と大人気な会社なので、とにかく安くそして気楽に取引を楽しみたい方には丁度良いでしょう。他に、覚えておいて欲しい手数料としましては、税金ですね。最初は、小さな投資金だから他所得を含めなければ税金は0円です。ですが、最終的には連続して取引をする事を目指すのであれば、差益(FX取引での稼ぎに対する貰い手側の利益分)が20万円を超えると15%以上の税金がかかると言うことだけは、念頭に置いてください。また、FX取引は、どこの国のお金に置き換えるかも大切ですので、その点も手数料の調査と同時に行っておくと、証券会社を決めてからスムーズに取引が開始できるでしょう。

FX初心者の業者比較

FXの歴史はまだまだ浅く、1998年に『外為法』の改正により誕生した商品です。一時は一部の会社の強引な勧誘など、顧客とのトラブルが問題化しましたが、2005年の金融先物取引法の改正によって悪質な会社は淘汰され、現在では安心して取引きが行えるようになりまた。安心して取引きが行えるようになったとはいえ、FX初心者がを初めてFXを始めるにあたって、なかなかFXの取引先を決められない人は多いかと思いますので、FX会社で有名な2社を比較して紹介します。まず、一つ目の会社はFXCMジャパンです。この会社の特徴は、国内FX業界 取引高において2年連続1位の実績を誇り、取引手数料は無料。さらに、迅速かつ自由な取引環境を提供しています。そして信託分別管理、充実の24時間カスタマーサポートで安心のお取引環境を実現し、今なら新規口座開設キャンペーン中です。次に、2つ目の会社は三井物産フューチャーズです。この会社の特徴は、デイトレード手数料は片道のみ。通常手数料も1単位あたり片道150円〜500円と業界最安値の手数料設定。三井物産グループ企業ということで、ブランド人気もあり安心してお取引をしている人が多数いる中堅の証券会社です。ここまでの説明で、『取引手数料無料』が助かるのでFXCMジャパンで始めようという人も多いかと思いますが、三井物産フューチャーズは長く客の満足を勝ち取ってきているので、FX初心者には安心して始められるとも言えますね。常に証券会社を選ぶ場合に大切な項目は、『サービスの度合い』だと思いますので、料金面や信頼度などをご自分の感覚で確かめてみてお選びください。まずは、資料を請求して検討されることをオススメします。

FX初心者

最近よく耳にするFXFX入門としてFXを紹介しますと、FXとはForeign Exchangeの略で「外国為替証拠金取引」という意味になります。歴史が浅いので、最近ようやく世間に浸透してきたのですが、株の投資よりリスクも少なく、少ない資金でハイリターンが可能なことや、低いコストで外貨取引ができるということで人気が高まっています。実際には始めていないが興味を持っているという方も多く、これからますますFXの投資家人口は増えていくのは間違いありません。FX初心者にとってFXを始めるには、FXの会社選びがとても重要です。FXの会社はたくさんあり、取引手数料、金利、レバレッジ率、各種サポート体制など、それぞれFXの会社によって特徴が異なってきます。まず最初にじっくりと比較して、検討しながら自分のスタイルに合ったFXの会社を選びましょう。また、悪質なFXの会社が存在しているのも事実です。大手のFXの会社などは心配ありませんが、中小規模のFXの会社の中には、しつこく電話をするなどして強引な勧誘を持ち掛けてきたりするところもあります。2005年の法施行後、ほとんどの悪質なFXの会社は淘汰されましたが、自分が取引きをしている会社が怪しいと思ったら、すぐに取引きを中止してFXの会社を変えた方が賢明かもしれません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。